実費ゼロ!海外旅行にも使える無料クレジットカード5選

無料クレカの海外旅行保険が有料の保険に匹敵するわけ

「海外旅行保険は保険会社や旅行代理店を通して加入するもの」と思っているかもしれませんが、実はクレジットカード付帯の海外旅行保険でも十分備えることができます。補償内容を単体で比べると保険会社等には劣るものの、海外旅行保険には補償額を合算できる仕組みがあるため、複数のカードを組み合わせることでかなりの補償を手にすることができるのです。

主な補償項目と合算額の比較例

この仕組みを年会費無料のクレジットカードで活用すれば、実費ゼロで有料の保険を超えることも可能です。既になんらかの保険やクレジットカードに入っている人は、上乗せ補強の意味で利用するのもいいでしょう。

そこで、永久に年会費がかからないことを条件に、お得に使える海外旅行保険付きクレジットカードを選んでみました。

エポスカード

  • エポスカード
  • エポスカード
利用条件 自動付帯
キャッシュレス診療
保険期間 90日
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
治療費用 傷害:200万円
疾病:270万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 100万円
必要発行日数 ネット申込後、店頭で即日受取可
最も怖い病気の治療費を手厚くカバー。即日受取も可!
まず紹介したい1枚。病気で治療を受けたときの補償額270万円は、無料クレジットカードで破格の内容です。ケガでの治療200万円も十分。海外旅行でのトラブルは病気・怪我が圧倒的に多いため、この補償が手厚い保険は心強いです。キャッシュレス診療にも対応しており、治療費を立て替える必要はありません。海外現地にサポートデスクがありなので日本語での相談も可能です。

詳しく見てみる

ジャックス横浜インビテーションカード

  • ジャックス横浜インビテーションカード
利用条件 自動付帯
キャッシュレス診療
保険期間 90日
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
治療費用 200万
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 200万円
必要発行日数 最短10日
上乗せするなら検討すべき1枚。優待サービスもあり
持っているだけで保険が適用される自動付帯で、なおかつキャッシュレス診療対応と基本を抑えた1枚。救援者費用はエポスカードよりも100万円手厚く、2つを組み合わせると心強い保険になりそうです。全国23万件以上の施設で優待サービスを受けることもできます。

詳しく見てみる

REXカードLITE

  • REXカードLITE
利用条件 自動付帯
キャッシュレス診療
保険期間 90日
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
治療費用 200万
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 100万円
必要発行日数 最短10日
持って損なしの安定補償。高還元率のおまけつき
ジャックス横浜インビテーションカードと同等で、安定した補償力を備える海外旅行保険付きカードの1つです。1.25%の高いポイント還元率にも注目しました。

詳しく見てみる

JCB EITカード

  • JCB EITカード
  • JCB EITカード
  • JCB EITカード
  • JCB EITカード
  • JCB EITカード
  • JCB EITカード
利用条件 自動付帯
キャッシュレス診療
保険期間 90日
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
治療費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 100万円
必要発行日数 最短3営業日
リボ払いでも上乗せ目的なら問題なし
上記3カードとは救援者費用補償の点でやや劣るものの、上乗せ補償には十分役立つカードです。ショッピングリボ払いのみというのがやや気になりますが、海外旅行保険の手札と考えるなら問題ないでしょう(その代わりポイントは常に2倍)。6種類のかわいいデザインから選べるのも特徴。

詳しく見てみる

楽天カード

  • 楽天カード
利用条件 自動付帯
キャッシュレス診療
保険期間 90日
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
治療費用 傷害:200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 100万円
必要発行日数 最短3営業日
「利用付帯」も普段使いするなら全然あり
補償内容では他のカードと引けをとらないものの、保険の適用が利用付帯(カードを使ってから有効)なのが少し残念。利用する際は、旅行前に楽天カードで買い物をするか、旅行期間中、日本出国日から3ヶ月以内に使用するようにしましょう。

詳しく見てみる

治療補償を充実させ、浮いたお金を旅行に回そう

補償額の合算が効くのは、治療費用のほか「携行品損害」「救援者費用」「個人賠償責任」等に限られていて、死亡補償や高度後遺障害は、複数の保険のなかから最も高い補償額を限度に各社で分散して支払われる仕組みになっています。
なんだ、と思うかもしれませんが、海外旅行保険の請求実績の8割が治療・救援費用と持ち物の損害費用であることを考えると、トラブルの多いところを手厚くできるようになっていると考えられ、これを利用しない手はありません。
年会費無料のクレジットカードを選べば、よく海外旅行に行く人なら年間数万円の節約も可能でしょう。浮いた分を旅行に回すこともできます!